アロマテラピー専門メーカー フレーバーライフ社

お問合せ
☎0120-907-187

HOME > うめやさんブログ > うめやさんブログ
フランス パリ在住の植物療法士 うめやかおりさんのブログ「パリと植物-自然と調和する暮らしを求めて-」
フランス在住の植物療法士うめやかおりさんのブログです。

パリと植物Vol.0 

フランス在住の植物療法士、うめやかおりさんのブログがはじまります!

 

「エクスキューゼモア」とおそるおそる声を掛けましたら、「私日本人です」と日本語でのお返事・・・・。
「なんだ~~・・やっぱり」日本の方なんだ。と思った瞬間が、興津とうめやさんとの出会いでした。

 

興津がパリに行くと必ず伺うハーブ薬局さんがありまして、かれこれ20年は経過しているのですが、
頭髪が黒くてアジア系の女性がお店に居られたのは初めてでした。
パリは人種のルツボなので、あっ!日本の方だ!とこちらが思い込んでも、中国の方・台湾の方・韓国の方・等
瞬間に判断しないようにしていますが、我々の会話に、なんとなく反応されていたので、もしやとは思っていました。

 

思わずいろいろとお話をさせていただき、うめやさんの造詣の深さ、そしてその行動力に感服して、
すぐさまアドレスを聞いてしまいました。(ナンパではありませんぜ)


その後、東京国分寺に戻ってからも、メールでご連絡をさせていただきまして、今度パリに我々がお訪いしたら会食でもいかがですか?
何だったら日本食のディナーを楽しみませんか?(繰り返しますが、ナンパではありませんぜ!)という申し込みを受けていただきまして、
興津も社員ともども再度4人でパリに押しかけまして、まずはお店に参りました。
その際には、パリでその世界では有名な、お店のオーナーさんもいらっしゃいまして、シャンパンで歓迎していただけました。

その後、当方4人、うめやさん入れて5人で、パリなのになんとシャブシャブを挟みながら(これが思いのほか美味しい)
いろいろな話に盛り上がりました。

 

パリのアロマテラピーの位置づけ、ハーブ薬局の意味、パリの人々がどの様にハーブ・アロマテラピーを取り入れているのか、など等非常に興味深いお話になりました。

そこで、それならこのお話を日本の方々に紹介したい!という事になり、
「それじゃあ、フレーバーライフのブログに寄稿してください!しかも定期的に!」とある意味ノリでお願いしてしまいました。(笑)

その後、うめやさんといろいろと条件を整理して、(ビジネスでもありますから・・。だからナンパじゃありませんぜ!)今回に至りました。

うめやさんのパリでの生活・パリの文化・仕事ぶりなど興味深いブログになりますので、乞うご期待!!

はじまり、ハジマリ・・~~。


umeya01.jpg

写真右の女性がうめやさん、センター興津


----------------------------
文責 興津

〈目次へ戻る〉